漢方

がん治療がそんなに簡単ではないということを知らない方は誰もいない。
実際がん治療を受けている方の話を聞いてみると難しく感じていることがたくさんあると言われています。
がん治療に使われている薬からの副作用で大変だと思っている方もいますし、治療費用に負担を感じている方もいるでしょう。

どのように治療をしていくか、どんな方法だと副作用を抑えることができるのかについて調べている方もたくさんいます。
ずっと病院で生活しなければいけない、副作用のことは我慢しなければいけないという気持ち。

がん治療法でよく使われるのは西洋医学。
しかし、西洋医学ではなく漢方でもがん治療ができること。

漢方と西洋医学はかなり大きい違いがあります。
もちろん、人の体を考えて病気と戦うためにずっと研究されています。

漢方と西洋医学の一番の違いはどうのように治療をするかです。
西洋医学の場合には、症状をなくすことを主に考えて治療を進めます。
それに反して漢方は、病気になった原因そのものをなくす治療になります。
症状は同じかもしれないけど、病気になった原因は人によってそれぞれです。
体質なことであったり、コンディション、生活リズムなど。
すべてのことを改善することによって病気が自然に治るという考え方が東洋医学です。

what's new

2013/04/16
効果を更新。
2013/04/16
副作用を更新。
2013/04/16
治療法を更新。
2013/04/16
人によってを更新。
2013/04/16
トップページを更新。